渡辺照宏著 「日本の仏教」

空海の風景が面白かったから、その流れで渡辺照宏著の「日本の仏教」を読む。

日本の仏教について、その成り立ちをインド仏教からの変容を通して語ったような内容だった。
この手の書籍に著者の主義主張が盛り込まれてたりするのは苦手なんだけど、
この本に関してはその主義主張のおかげで痛快で読みやすくなってたな。

排他的で非寛容な教義の宗派を強く批判して、
戒律を重んじ、また社会的な事業などを積極的に行い、民衆に利した僧を高く評価する著者の価値観が心地よい。

この書籍で批判されていた宗派については、少し詳しく調べて批判が妥当か判断したい。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。